メニュー

解析事例 Analysis

  1. ホーム
  2. 解析事例
  3. 導体間のインダクタンス解析

導体間のインダクタンス解析

概 要

H法を用いた周波数応答磁場解析の事例として、2本の導体間に流れる渦電流を解析しました。

磁場解析モジュール「PHOTO-EDDYTMjω」を用いると空気メッシュが不要で、導体のみのメッシュで解析可能です。

図1−1に概要図を示します。メッシュ規模は、要素数3,200、節点数4,800です。
本事例では、渦電流分布及び自己インダクタンス、相互インダクタンスの解析結果を紹介します。

                 図1−1.概要図

使用ソフトウェア:PHOTO-EDDYTMjω

解析条件

図2−1にメッシュ図を示します。導体1のみ、導体2のみ、導体1、2の両方に電流を流した場合の計3ケースについて解析します。

               図2−1.メッシュ図(全体)

       ●電流値:1[A]

       ●物性条件
         比透磁率:1.0
         電気伝導率:1.0×106[S/m]
       ●周波数:1.0[kHz]

       ●解析モジュール
        周波数応答磁場解析ソフトウェア:PHOTO-EDDYTMjω

解析結果

             図3−1.渦電流[A/m2] 実部
                導体1、2に通電

             図3−2.渦電流[A/m2] 虚部
                導体1、2に通電

    表3−1.インダクタンス[H]