メニュー

Femap Femap

  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. Femap

Femap

Femap はCAE技術革新の核になるべく開発された
汎用有限要素法プリ・ポストプロセッサー。
PHOTO-Seriesに対応する
プリポスト・プロセッサーには
PHOTO-GRADE」と「Femap」の二種類があります。
※FemapはシーメンスPLMソフトウェアの
登録商標です。

Femapの特徴

Femapは、ジオメトリ エンジンParasolidによる高度なジオメトリ モデリング機能、
自由度の高いメッシュ生成機能、多彩なポスト処理機能、豊富な外部インターフェイスを提供します。

  • 日本語インターフェイス

    有限要素法による3次元周波数応答解析

  • 超高速メッシング

    有限要素法による2次元・軸対称及び3次元過渡応答解析/周波数応答解析

  • Open GL 対応

    運動を考慮した、有限要素法による2次元・軸対称及び3次元過渡応答解析

  • Dynamic IsoSurface /
    Dynamic Cutting Plane

    有限要素法による3次元周波数応答解析

  • ソリッドエンジン搭載

    有限要素法による2次元・軸対称及び3次元過渡応答解析/周波数応答解析

  • 豊富なインターフェイス

    運動を考慮した、有限要素法による2次元・軸対称及び3次元過渡応答解析

Femapの機能

→数多くのCADシステムとのインターフェイスを装備。VRML, AVIファイル出力可能。
この他にも多くの機能を搭載しています。

  • ▼モデル作成例:空気中のら線コイル  要素タイプ:四面体
  • ▼モデル作成例:クローポール型ステッピングモータ  要素タイプ:六面体

Femap Ver.2020.1 日本語版

CPU Intel x86互換64bit CPU (Intel 64, AMD 64)
OS (スタンドアローン版) ・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
OS (ネットワーク版) ・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
・Windows Server 2016/2019(64bit)
メモリ 4GB 以上 (推奨 8GB以上)
※搭載メモリ量の決定に際してOS自身が消費するメモリ量を考慮してください。OSやそのバージョンによって消費メモリ量が異なります。また、扱うモデル規模、解析規模も考慮してください。
ハードディスク 最小セットアップ 1.2GB
最大セットアップ 4.5GB
※推奨 ソフトウェア使用時 500GB以上の空き
グラフィックスカード OpenGL4.2 対応
※推奨 AMD FirePro, AMD RadeonPro, NVIDIA Quadro(Quadro NVS除く)
その他 スタンドアロン版:USBポート
ネットワーク版 :ネットワークカード

※FemapはシーメンスPLMソフトウェアの登録商標です。

お問い合わせ・資料請求