製品情報

解析の流れ

STEP 01

電磁場解析を行なうためには解析対象の形状や解析したい状況を作図する必要があります。
それを行なうのはプリポスト・プロセッサーと呼ばれるソフトです。

プリポスト・プロセッサーで形状を作成し、メッシュをきって、境界条件や物性値を与えてから計算することになります。 PHOTO-Seriesに対応するプリポスト・プロセッサーには「PHOTO-GRADE」と「Femap」の二種類があります。PHOTO-GRADEは現在、全てのモジュールに搭載されています。

STEP 02

作成した形状において、実際に計算を行なうのがPHOTO-Seriesの役目です。
物性値はPHOTO-Seriesでも与えることが出来ます。

STEP 03

PHOTO-Seriesによって計算された結果は、プリポスト・プロセッサーに戻され、様々な様式のグラフや図で表されます。

電磁場解析ソフトウェア

PHOTO-Series

計算速度が速く、パソコンで実用的な本格解析が可能です。高周波電磁波から低周波の電場、磁場などのさまざまな応用分野に応じて最適な製品をご用意。分野ごとに最も適したシミュレーション技術を使った製品を取り揃えています。※全てのモジュールにPHOTO-GRADE の機能が組込まれました。

プリ・ポストプロセッサー

GRADE

弊社独自開発のPHOTO−Series専用のプリ・ポストプロセッサー。
電磁場解析に特化した非常にスリムな構成で、シンプルな解析を行う方には特にお勧めです。PHOTO-GRADE は現在、全てのモジュールに搭載されています。

Femap

汎用有限要素法プリ・ポストプロセッサ-。
ジオメトリエンジンParasolid、ACISによる高度なジオメトリモデリング機能、自由度の高いメッシュ生成機能、多彩なポスト処理機能、豊富な外部インターフェイスを提供します。

デモ版

デモ版(評価体験版)は、プログラムを試用できる期間に制限はなく、要素数(もしくは節点数)制限以外の機能は製品版と同様です。

動作環境

PHOTO-Series・Femapの動作環境をご紹介しています。

お問い合わせ・資料請求はこちら