製品情報 動作環境

PHOTOシリーズの動作環境をご紹介致します。

PHOTO-Series

CPU Intel互換PC(DOS/V) 1GHz以上の64ビットCPU
(推奨2GHz以上)
OS Windows 7(64bit)
Windows 8(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 10(64bit)
メモリ 2GB以上(推奨4GB以上)
※搭載メモリ量の決定に際してOS自身が消費するメモリ量を考慮してください。OSやそのバージョンによって消費メモリ量が異なります。また、扱うモデル規模、解析規模も考慮してください。
ハードディスク 空き領域20GB以上(推奨100GB以上)
グラフィックスカード OpenGL対応グラフィックス アクセラレータを推奨
対応ランタイム Visual Studio C++
その他 USBポートが必要です。
32bit版、英語版が必要な方はお問い合わせください。

PHOTO-FDTD

CPU Intel互換PC(DOS/V) 2GHz以上
(推奨Intel Pentium 4 以降またはOpteron以降)
OS Windows 7(64bit)/8(64bit)/10(64bit)
メモリ 2GB以上(推奨4GB以上)
※搭載メモリ量の決定に際してOS自身が消費するメモリ量を考慮してください。OSやそのバージョンによって消費メモリ量が異なります。また、扱うモデル規模、解析規模も考慮してください。
ハードディスク 空き領域20GB以上(推奨100GB以上)
その他 USBポートが必要です。
Javaの実行環境が必要となります。

Femap

CPU Intel x86互換64bit CPU (Intel 64, AMD 64)
※Femapは、マルチCPU(マルチコア、ハイパースレッディング)環境であっても、1ユニット分のパワーのみを使用します。
OS (スタンドアローン版) ・Windows 7 SP1 (64bit)
・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
OS (ネットワーク版) ・Windows 7 SP1 (64bit)
・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
・Windows Server 2008R2/2012/2012R2 (64bit)
メモリ 4GB 以上 (推奨 8GB以上)
※搭載メモリ量の決定に際してOS自身が消費するメモリ量を考慮してください。OSやそのバージョンによって消費メモリ量が異なります。また、扱うモデル規模、解析規模も考慮してください。
ハードディスク 最小セットアップ 1GB
最大セットアップ 4GB
※推奨 ソフトウェア使用時 100GB以上の空き
グラフィックスカード OpenGL 対応
※推奨 ワークステーション向け OpenGL 4.2以上
その他 スタンドアロン版:USBポート
ネットワーク版 :ネットワークカード

※FemapはシーメンスPLMソフトウェアの登録商標です。

お問い合わせ・資料請求はこちら